経営理念|会社情報|株式会社エム・フィールド
会社情報

経営理念

エム・フィールドは、全ての仕事に「三方よし」を実践することを経営理念として大切にしています。
「三方よし」とは、江戸時代に活躍した近江商人の経営哲学のひとつで、「ビジネスにおいて売り手と買い手が満足するのは当然のこと、その上で社会に貢献できてこそよいビジネス」という考え方です。
エム・フィールドは、社員が所属することを誇れる組織、継続して仕事を依頼したくなる企業、そして社会に役立つ技術を提供し持続的な社会の発展に寄与する「三方よし」を実践する企業を目指します。

エム・フィールドの事業ビジョン

「DXの技術基盤を任せられる、国内No.1企業になる」

これまで私たちは、IT技術を活用し、顧客のビジネス課題に寄り添いながら、成長を続けてきました。世の中のニーズに合わせ、ビッグデータ、AIなどの先端技術をキャッチアップをし、チャレンジをし続けることで、顧客の要望に応え続けてきました。
向こう10年のビジョンとして「DXの技術基盤を任せられる、国内No.1企業になる」を掲げ、コロナ禍を経てさらに変革が叫ばれる企業のDX推進に、社員一丸となって取り組みます。

エム・フィールドの大切にする考え方

エム・フィールドは、社員一人ひとりが働きやすく、成長につながる環境を提供することが、ひいては企業の成長にもつながると信じています。その鍵となる考え方を「大切にする考え方」として3つ設定しています。

称賛と承認

全社員が力を合わせていくために、お互いを称賛(成果にかかわらず良いと思ったことを褒めたたえること)と承認(認め聞き入れること)し、自分自身にも称賛と承認をすることを大切にします。自分自身を称賛・承認することで、前向きな思考を持ち、全員が自分のパフォーマンスを最大限に発揮することを目指します。

まず一歩踏み出す

私たちは「まず一歩踏み出す」ことを大切にします。最初の一歩が大きなものでなくとも、新しい発想に挑戦し、学び、成長していくために日々の努力をすること、その全てが一歩となります。自ら成長するための努力を惜しまず、一歩を踏み出す姿勢を称賛します。

自分自身に打ち克つ

仕事をしていると計画通りに目標が達成できなかったり、一人では乗り越えられない大きな困難が目の前に現れることがあります。困難に直面した時に「自分自身に打ち克つ」ことを大切にします。恐るのではなく、目の前の困難を克服するために今自分が出来ることを考えて行動に移し、成果や実績にコミットすることで成長していきます。