m-field Recruit Site

メニューを閉じる
メッセージ
仲間を知る
会社を知る
環境を知る
募集要項

「一緒に仕事をしたくなる」会社に。

エム・フィールドに入社を希望する皆様へ 社長からのメッセージ

社長からのメッセージ

ITの世界って、皆さん、どんなイメージですか?

仕事は厳しいですし、残業だって少なくない。
時には休日返上してでも完成せねばならないプロジェクトだってあります。
でもそれだけでは正直つまらない。

仕事は厳しいが、その分プライベートだったり家族との時間を大事にできる。
エム・フィールドという会社には、そんな環境があると思います。

いろんなヒトがいて、いろんな価値観があってイイと思う。

ITは好きなんだけど、もう少しバランス良い生活をしたい。だとか、もう少し人生楽しみたい。
そんなコトを思ったら是非、我々の会社を見に来てください。

きっと面白い話ができると思いますよ。

代表取締役社長

依田 朗

社長インタビュー

エム・フィールドの社風について教えてください。

常駐先で働くメンバーが多い為、エム・フィールドのアイデンティティとして、みんなが色々な事を言いやすい環境創りを常に心がけています。
いつもマネージャーに伝えていることは「メンバーの声を良く聞いて下さい」ということ。
常駐先でのルールが基本ですが困っていること、伝えたいことがあればすぐに共有してもらい、直属の上司に伝えることが難しいのであれば「スタッフケア推進室」を通して話をしてもらう。
仕事だから厳しい事もあるが、そこを楽しめるぐらいの環境に良くしていきたいと考えています。

この業界で働く社長にとって喜びを感じる時、また難しいと感じる時を教えてください。

なにより喜びに感じることはお客様から社員が評価されていること。
常駐先のお客様から「手放せない人材」と評価を頂くことや、社員の評価が高い事により指名ではなくもっと多くの人材を求められることがとても嬉しく感じます。
受託においては、納品した後に、またお願いしたいというお客様からの声が非常に嬉しい瞬間です。難しいと感じることは、会社が大きくなればそれだけ色々な価値観を持った人材が増えてきます。
その価値観に合せた多様性、人と人とのコミュニケーションをハンドリングしたうえで結果を出して行くことがものすごく難しいと感じています。

社会におけるm-fieldの役割とは何でしょうか?

お客様は、ただリソースを求めるのではなく、お客様だけの力では達成できない「何か」をエム・フィールドに求めているのだと考えています。 そこを良く理解したうえで、提案であったり納品をしていくことが、一つの顧客価値、顧客満足に需要価値としてあるんだと思います。
今までも、これからもエム・フィールドの多くのメンバーにはお客様の裏方として活躍してもらってます。裏方としてお客様の要望に応じ信頼を獲得していくことが重要なm-fieldの役割だと考えています。
ただし、そうは言っても自慢したくなる会社、やりたい仕事にもどんどんチャレンジしていきたい。だから、ちょっとだけ、
「おもしろいコト」を、世の中にリリースして社会の役に立ちたいですね。

自分を動物に例えると何だと思いますか?

考えた事ないね(笑)。。良く言われるのはなぜかレッサーパンダ系ですかね。たぶん、見た目がとかそんな理由だと思います。

社員が思う社長はどんなキャラクターだと思いますか?

ものすごいテキトーだと思われているんじゃないですかね(苦笑)。放任主義って訳でもないんですけど、自分にできることなんか、ほとんどない。だから任せるんです。「責任とるからやってくれない?」とお願いする事が多いですね。

趣味を教えてください

実は、結構無趣味ですね。ゴルフ、時計、車…うーん、あまり興味は無いですね。なんか社長っぽくなくてスミマセン。 あえて言えばスポーツ観戦。野球でも格闘技でも。お誘いを頂ければ良く行っていますね。
あとは子供に借りてマンガを読んだりしてます。「ワンピース」はとても芸が細かいよね。この前扉絵で良く見ると「ナルトおつかれさんでした」と書いてあったり。そういうクリエイティブな人、すごく尊敬します。

これからエム・フィールドの展望を教えてください

エム・フィールドの事業はあくまでお客様との信頼で成り立っており、お客様がいたからこそ、社員が成長し、会社も成長して来れました。アウトソーシング事業は、経営の根幹として、これからも更に拡大していきます。 もちろん受託事業においても引き続き拡大していきます。
中には常駐先で疲れてしまった社員、受託でも息づまってしまった社員もいると思います。そんな時でもリフレッシュできる人事ローテーションの道筋を創り、安心して働ける環境を創っていきたいと考えています。
また自分たちのオリジナルのサービスを、toB、toCどちらでも構わない、世の中にどんどんリリースしていきたい。ライトにやっていくことで新しいことに挑戦していける環境を創っていきたいと考えています。

依田朗

代表取締役社長  依田 朗

IT業界に入ったのは1997年。ネットバブル全盛の少し前。エム・フィールド入社は2003年。プレイヤーとして顧客常駐を経験し、代表就任前は事業部長としてアウトソーシング全般を担う。代表就任後は初の自社サービスをリリース、アウトソーシングの拡大、受託事業の拡大に力を入れている。

その他のメッセージ

pagetop