エム・フィールド採用サイト エム・フィールド採用サイト

エム・フィールド採用サイト

03 / Member Voice

システムエンジニア

エンジニアとしての専門性を発揮し、チームで欠かせない存在になる

2018年入社
A.D
エンジニアとしての専門性を発揮し、チームで欠かせない存在になる
目指していた”売る側”から”作る側”へ

目指していた”売る側”から”作る側”へ

前職では、モバイル業界で営業の仕事をしていて、「エンジニア」とは全く無縁でした。きっかけは、営業時代に日々業務で使用していた業務用のアプリツールを使っていくうちに「こんな便利な物をよく作れるなあ」と思うようになり、いつしか"物を売る事"よりも"物を作る事"を仕事にしたいと感じ始めました。面接時の事業部長はじめエンジニアの方々とのやり取りから、エム・フィールドに転職を即決した記憶があります。未経験の自分でもきちんとスキルが身につくのか?という不安とは裏腹に、入社後は現役エンジニアのトレーナーとのマンツーマン研修のおかげで、ある程度納得のいくWebアプリケーションのアウトプットを出せるようになりました。最初のプロジェクトはスタンダード且つしっかり工程を踏めるプロジェクトがいいだろうという上司の考えもあり、規模が大きめの某金融系の資産運用基幹システムの開発プロジェクトに配属されました。初めてのプロジェクトはとても緊張しましたが、先輩方が常に隣にいて、疑問点はすぐに解決できる環境が整っていたので、スムーズに業務を覚えていく事が出来ました。今では設計~テストまで1人でこなす事が出来るようになり、当然難しい事も多くありますが、それ故に大きな達成感を感じられています。初めは未経験で全く学んだ事が無いエンジニアの仕事をするにあたり不安でいっぱいでしたが、何をするにしても全て新鮮で、どんな小さな仕事でもやりごたえがあり、転職して良かったと本当にそう思っています。

コミュニケーションの重要さを痛感。エンジニアは技術だけではない。

コミュニケーションの重要さを痛感。エンジニアは技術だけではない。

以前、私が完成した仕様書をクライアントに提出しようとした時に、先輩から「ここ間違えてたけど大丈夫?」と何気なく聞かれ、確認したところ、指摘通りの間違いがあり、クライアントに提出する前に修正できました。全体に周知されていた内容ではなかったため、その先輩が会話の延長線でその事を何気なく聞いてくれなかったら、間違えたままの資料を提出していたと思います。もちろん私が反省すべき点ではありますが、普段からプロジェクトチーム内のコミュニケーションを大事にしているため、このような何気ないコミュニケーションから救われる事例はよくあります。普段からプライベートな会話や他愛も無い会話をしているので、お互いに声をかけやすく、分からない事がある時はすぐに助け合えるような風潮があります。エンジニアは寡黙な人が多いイメージでしたが、エム・フィールドでは気さくな人が多く、プロジェクトマネージャーや活躍してるメンバーは普段からコミュニケーションを欠かさず、洞察力があり、いつも的確なアプローチをしてくれるので、僕自身もそんなエンジニアになりたいと思っています。

個々の成長に向き合い、手を挙げれば、任せて貰える環境

個々の成長に向き合い、手を挙げれば、任せて貰える環境

業界の門を叩いたのが遅かったのもあり、技術面で同じ入社時期でも経験者に劣ってしまう為、分かりやすい指標として、資格取得を目標に業務後は日々勉強しています。
エム・フィールドでは、資格取得に関して資格手当等の福利厚生が充実している為、個々が自己研鑽のモチベーションを保ちやすく、資格取得にポジティブなメンバーが多い印象です。
もちろん資格取得が全てでは無いので、資格取得で補えない知識に関しては、ネットや参考書またはセミナーやプロジェクトの中で日々学んでいます。

また近い将来、複数のプログラム言語を使って開発が出来るようになりたいと思っています。
私の扱えるプログラム言語は現在、Javaのみなので、自動化や開発言語として需要が伸びてきているPythonの技術習得を目指しています。
やりたい事やチャレンジしたい事を積極的に発信し、やらせてもらえる環境なので、今は貪欲にチャレンジして、将来的には私自身も若手メンバーが入社した際に、後輩の力になれる技術的にも頼れる先輩・上司になりたいです。