画像解析サービス|製品開発・販売|サービス|株式会社エム・フィールド
サービス

画像解析サービス

AI人数カウンター・ファミリー

AI人数カウンター・ファミリーとは、エッジAI技術を用いた画像解析サービスの総称です。小型のエッジAI端末機器により、人数のカウントや属性の判定などを行うことができます。店舗やイベント会場などに各サービスを配置すると、訪問者の行動を追跡しながら年齢や属性の分析が可能になるので、その後の販促活動に役立つデータを収集できます。

AI人数カウンター

カメラを通して、人数の可視化・管理をリアルタイムで行える画像解析ソリューションです

AI人数カウンター
機能
  • AIでカメラに写った人を検出し人数をカウントします。
  • カウント人数・密集度をリアルタイムで確認できます。
  • 過去3カ月までのカウント人数・密集度情報を確認できます。
  • 過去データをCSV形式で出力できます。
  • 高密集を検知時にアラートメールを送信できます。
メリット
  • 人々の混雑(密集)状況を確認・整備していた人員を常に配置する必要がなくなります。
  • カウント人数・密集度情報がデータベースに記録されるため、データ活用が可能です。
  • 高密集を検知・通知することで、感染拡大防止活動に取り組めます。
活用例
  • 会議室や説明会ブースの来場者管理、飲食店や美術館の訪問者人数管理

AI人数カウンター HEAD

AIが人の頭部を検出し、人数の可視化・管理をリアルタイムで行える画像解析ソリューションです。座っていて体が隠れてしまう場合や、人が密集する場所での人数カウントに適しています。

AI人数カウンター HEADのロゴ
機能
  • AIでカメラに写った人の頭を検出し人数をカウントします。
  • カウント人数・密集度をリアルタイムで確認できます。
  • 過去3カ月までのカウント人数・密集度情報を確認できます。
  • 過去データをCSV形式で出力できます。
  • 高密集を検知時にアラートメールを送信できます。 
メリット
  • 人々の混雑(密集)状況を確認・整備していた人員を常に配置する必要がなくなります。
  • カウント人数・密集度情報がデータベースに記録されるため、データ活用が可能です。
  • 高密集を検知・通知することで、感染拡大防止活動に取り組めます。 
活用例
  • 会議室や説明会ブースの来場者管理、飲食店や美術館の訪問者人数管理

AI人数カウンター CROSS

来店人数管理や通行量調査を自動化できる画像解析サービスです。カメラが人物の動きを追跡し、画面上にバーチャルに引いたボーダーラインを超えた人数をカウントします。

AI人数カウンターCROSSのロゴ
機能
  • カメラが人物の動きを検知し、設定したボーダーラインを超えた人数をカウントします。
  • ボーダーラインごとにin,outの2方向の数をカウントします。
  • ボーダーラインは1つのカメラの画角内に3本まで設定いただけます。
  • ウェブアプリケーションから集計されたデータを表示します。
メリット
  • 人の出入りの調査員を手配、配置する必要がなくなります。
  • 24時間体制での調査が可能です。
活用例
  • 交通量調査、部屋内の人数カウント、店舗やイベントの訪問者数管理

AI人数カウンター 会議室

室内の人物を検出し、人数の可視化・管理をリアルタイムで行える画像解析サービスです。ウェブアプリケーションからカウントされた人数・密集度情報を確認できます。

AI人数カウンター 会議室のロゴ
機能
  • カウント人数・密集度をリアルタイムで確認できます。
  • ウェブ画面で確認できる人数・密集度情報を、多くのカレンダー・メーラーソフトが対応するiCalendar形式で出力できます。
メリット
  • 人口の密集度情報を検知し、人の集まりすぎを防げます。
  • 会議室などの設備利用を管理をしているスケジューラに検知情報を組み込むと、利用状況を自動で把握するので、空間リソースを再分配できます。
活用例
  • オフィス・貸会議室の出席確認、スタジオ・学習塾の入室者管理

Agender

カメラで撮影した顔画像から、性別と年齢を判定します。マスクをしている人物でも判定可能です。ウェブアプリケーションから判定履歴、人数情報を確認できます。

AI人数カウンター Agender
機能
  • マスク有無に関わらず、カメラで撮影した顔画像から性別・年齢を判定できます。
  • ウェブアプリケーションから集計されたデータを表示できます。
メリット
  • POSでの会計と異なり、自由な場所、タイミングで性別・年齢を取得できます。
  • 判定が担当者の主観に左右されません。
活用例
  • 店舗の出入口やイベント受付、飲食店などでの、訪問者の属性情報収集

活用例

大型商業施設の来店客の属性や行動を分析し、マーケティングに活用

AIカウンター・ファミリーのサービスを、大型商業施設内各所に設置することで、来店客の年齢や属性と、来店後の行動を収集できます。ここから得たデータは、行動分析や販促活動といった、その後のマーケティングにご活用いただけます。また、イベントスペースなど人が集まりやすい場所では、混雑予測や人数計測もリアルタイムでできるので、スムーズな会場運営が可能になります。

サービスを全て導入した場合の活用例
  1. 入口に「AI人数カウンターCROSS」を置き、入退店者数をカウントする。
  2. 店内に「AI人数カウンター」を置き、人数と密を計る。
  3. イベント・スペースには「AI人数カウンター会議室」を置き、想定人数と実利用人数を把握する。
  4. 混雑が予測されるところには「AI人数カウンターHEAD」を置き、人数を計る。
  5. 要所要所には「Agender」を置き、顧客属性を収集する。
  6. 各サービスのカメラで捉えた人物にIDを付与し、情報を連携することで、来店客一人ひとりの行動分析や販促活動をよりスムーズに実現。(開発中)
サービスの詳細やお見積り依頼はお問い合わせください

FaceOn

Teamsをインターフェイスとする出退勤打刻機能を、顔認識による個人識別で使用できるようにする画像解析サービスです。ブラウザからアクセスすると、打刻記録をCSVとして出力することもできます。

FACE_ONのロゴ

FaceOn

機能
  • Teamsアカウントに紐づけて登録された顔画像と、カメラに写った人間を比較して本人確認を行い、出退勤を打刻します。
  • ブラウザからアクセスすると、登録されているアカウントや期間を絞り込んで打刻情報をCSVで出力することができます。
メリット
  • Teamsを使った出退勤打刻機能に顔認証が加わることで、より信頼性の高い勤怠管理が可能です。
活用例
  • 社員の勤務状況管理、アルバイトの打刻管理
※弊社サービスはお客様システムへのAPI連携や各種カスタマイズが可能ですので、お気軽にお問い合わせください。
サービスの詳細やお見積り依頼はお問い合わせください