RBO-Field|製品開発・販売|サービス|株式会社エム・フィールド
サービス

RBO-Field

インフラ構築や設定作業、障害復旧を自動化できる、AI搭載のソリューションです

こんなお悩みをお持ちの企業に最適です

  • プログラミングの知識はないが、機器操作を自動化したい。
  • インフラのトラブル発生を事前に検知して、突発的なタスクを減らしたい。
  • インフラ障害対応の重圧から解放されたい。
  • インフラ運用監視の負荷やコストを軽減したい。

RBO-Fieldの特長

弊社はインフラの構築や設定作業、障害復旧の自動化を行うソリューション、RBO-Field(ロボフィールド)を開発しています。このソリューションを活用して運用作業の多くを自動化すれば、運用担当者が優先度の高い課題に取り組むための時間を確保できます。またRBO-Fieldでは、簡単なGUI操作と処理のルールさえ覚えればすぐに自動化ツールを作成可能です。本格的なプログラミングを学ぶよりごく僅かな時間で、誰でも普段の業務を自動化できます。

RBO-Fieldの図版

プログラミング不要の簡単な操作で、自動化ツールを作成可能

RBO-Fieldはプログラミング作業が不要です。簡単なGUI操作と処理のルールをインプットしていただくことで、すぐに自動化ツールを作成できます。運用手順書に記載されているCLI・APIを実行するため、製品制約がなく、社内の様々な機器や環境でご利用いただけます。

AIによる予兆検知で、突発的なインフラ障害の発生を防ぐ

各種監視ツールから得た機器の監視情報を元に、AIが障害の発生予兆を検知します。RBO-Fieldは、AI技術に力を入れている弊社ならではの予兆検知機能も搭載しています。この機能を使うと、インフラに発生する可能性がある障害をあらかじめ知ることができるので、未然に対策をしたり、早めに復旧の準備に取り掛かったりと、担当者の業務を圧迫する突発的なタスクを抑えられます。RBO-Fieldの予兆検知では、あらかじめ設定した数値を超えたら障害を検知する閾値固定ではなく、過去の情報を元にしたAIの予測機能を使っているので、より精密な障害予測が可能です。

サービスの詳細やお見積り依頼はお問い合わせください

支援の流れ

  1. STEP 01
    お申し込み
  2. STEP 02
    ライセンス発行
  3. STEP 03
    初期設定
  4. STEP 04
    運用開始
  1. STEP 01 お申し込み

    お客様のご要望をお伺いし、現状のシステム構成を踏まえて見積りを行います。

  2. STEP 02 ライセンス発行

    RBO-Fieldをお客様の環境に導入し、ライセンスを発行します。

  3. STEP 03 初期設定

    お客様の環境に合わせて初期設定、ワークフローの作成支援を行います。また、必要に応じて予兆検知(AI)のチューニングも同時に行います。

  4. STEP 04 運用開始

    RBO-Fieldによる運用を開始します。

サービスの詳細やお見積り依頼はお問い合わせください