システムデザイン|サービス|株式会社エム・フィールド
サービス

システムデザイン

業務や組織に対して理解を深めた上で、システム開発の道のりや課題解決までの計画をご提案します

こんなお悩みをお持ちの企業に最適です

  • 現在の業務にシステム化したいものがあるが、システムを作るまでの計画を立てられない。
  • システムを作るための課題や必要な要件を整理できず、担当できる社員もいない。
  • インフラからアプリケーションまで、まとめて作ってほしい。
  • スクラッチ開発や既存サービスとの組み合わせなど、実装方法を複数検討してほしい。

システムデザインの特長

エム・フィールドのDX支援は、お客様の組織や業務に対しての理解を深めるところから始まります。弊社は企業の技術的なパートナーとして、お客様が自分たちでDXを発展させていけるようになることも重視しているからです。そのためにも、お客様が抱えている課題や技術レベル、リテラシーを正しく把握し、持続可能な仕組みを実現可能な方法で作ることが、弊社のミッションだと考えます。企業理解を深めた上で、お客様が必要とするインフラやシステムを実現する計画をご提案し解決すべき組織の課題に対しても一緒に取り組みます。

システムデザインの図版

DX実現に向けて、組織が抱える技術課題の解決をサポート

DX推進を妨げる壁になりがちなのが、企業がそれぞれ抱えている固有の課題です。IT人材不足やレガシーシステムの存在、ITについての教育不足やノウハウの欠如といった根本的な問題を解決しなければ、外部の力を借りてDXを推し進めたとしてもその後の運用や活用がうまくいかず、結局失敗してしまうということにもなりかねません。

そこで弊社は、企業の描く理想をとにかく実現するのではなく、現状の課題に対して計画を立てて、解決まで取り組んでいくことがDXの第一歩だと考えています。AI専門家やアプリケーションエンジニア、インフラエンジニア、ウェブディレクターなど、多岐にわたる領域のプロフェッショナルと、人材派遣や教育事業で培ってきた企業の内部に入り込むサポート体制で、困難な課題にも共に取り組みます。

解決したい課題が明確ならば、システム要件を整理するところから対応しますが、重大な課題ほど、お客様自身が気付いていない部分に根深く残っている場合もあります。そういった課題を見落とさないために、弊社の社員をお客様社内に派遣し、常駐する形でのコンサルティングも可能です。

オリジナルも、既存サービスとの組み合わせも、企業目線から開発方法をご提案

当社の主軸はスクラッチ開発ですが、企業の業務や運用方法にあわせてオリジナルのシステムを作るのが良いことだとは一概には言えません。世の中には、既に安定した稼働と高いパフォーマンス力を持つサービスが多く存在しているからです。

そこで、弊社はお客様の目線に立ち、一からシステムを作るのか、それとも既存のサービスを組み合わせたり、今後拡張機能として連携させるのか、開発方法をご提案します。ヒアリングの段階で予算や納期についてもお伺いし、開発方法ごとのメリットとデメリットについてもご説明しますので、お客様の納得のいく計画でご契約ください。また、弊社はソリューションの販売代理店として、DOMO、Micosoft365、モバイル空間統計サービス、KDDI Location Analyzer、Reproなどの販売も行っています。サービスの要件定義を進めながら、必要とあればこれらのソリューションもご提案します。

運用にかかるコストと負担を削減し、前例のないシステム開発も可能にするDevOps開発に注力

当社はDevOps開発にも取り組んでいます。DevOps開発では、開発と運用の両工程を常に意識しながら開発を進めるため、システム導入後の運用負担を軽減できるというメリットがあります。運用コストの削減にも繋がるため、長期的に見てもコストパフォーマンスの高い開発が実現します。

また、DXでは前例のないシステムが必要になることも多いため、作りながら要件や機能を固めたり、運用からのフィードバックを素早く反映させたりできる開発環境が求められます。DevOps開発では、こういった粒度の小さい改善にも対応可能です。エム・フィールドでは、自社で研究している最新技術とDevOps開発を組み合わせて、お客様が描くDXのゴールまで粘り強くシステムを制作します。

サービスの詳細やお見積り依頼はお問い合わせください

支援の流れ

  1. STEP 01
    お問い合わせ
  2. STEP 02
    ヒアリング
  3. STEP 03
    ご提案
  4. STEP 04
    ご契約
  5. STEP 05
    プロジェクト
    開始
  6. STEP 06
    プロジェクト
    完了・納品
  1. STEP 01 お問い合わせ

    お電話または、お問合せフォームより、お気軽にお問い合わせください。

  2. STEP 02 ヒアリング

    企業様における現状の問題と、解決したい課題の確認をさせていただきます。ご記入いただいたヒアリングシートを元に目的をはっきりさせ、より根本的な課題を洗い出します。ざっくばらんなお悩み相談でも構いません。ヒアリングには、必要に応じて営業以外にもSEや業務担当者が同席します。

    テレビ会議による実施も可能です。 場合によっては、このタイミングで秘密保持契約書の締結を行います。
  3. STEP 03 ご提案

    お聞かせいただいた内容をもとにプランの立案をおこないます。ご予算、運営体制、課題、日程などを考慮し、最適な解決策をご提案。成果物のイメージを具体化し、認識相違が生まれることを防ぎます。

  4. STEP 04 ご契約

    ご提案内容、ご予算、スケジュールなどすべてにご納得いただいて、ご契約となります。業務委託基本契約書、秘密保持契約書などを締結したうえで、プロジェクトがスタートします。

  5. STEP 05 プロジェクト
    開始

    プロジェクトの性質にあったメンバーでチームを結成し、プロジェクトスタートとなります。プロジェクトの報告は事前に決めたタイミングと方法で行います。SE作業が必要な場合、お客様環境で作業を行う場合もあります。お伺いしたいことや課題が発生した場合は都度相談をさせていただき、極力円滑なプロジェクト進行を心がけます。

  6. STEP 06 プロジェクト
    完了・納品

    プロジェクト終了後は、システムの保守や追加開発も承っています。お気軽にご相談ください。

サービスの詳細やお見積り依頼はお問い合わせください

支援実績

大手食品会社さま DMP構築支援

DMPの新規構築にあたり、AWSを活用したインフラとシステムのグランドデザインを担当いたしました。

大手研修会社さま

契約管理、案件管理などをエクセルで対応されており、データが散在して業務効率が著しく低い状態が続いていました。そこで、当社PMが常駐し、業務整理から課題特定までをサポートさせていただきました。

システムデザインに関するよくある質問

Q.
設計書などのドキュメントがないのですがシステムデザインからお願いすることは可能ですか?
A.

提供いただける資料とソースコードを読み解き、課題解決に向けた整理をしていくことは可能です。

Q.
現状のシステムの課題を整理していただくだけでも依頼可能ですか?
A.

対応可能です。現状分析・課題整理・次のアクションの検討までを実施し、その後の対応については別途相談させていただきます。

Q.
常駐と受託のどちらも対応可能ですか?
A.

対応可能です。お客様の業務理解をした上で課題を整理していく必要がありますので、プロジェクト開始当初は常駐し一緒に業務を整理していくケースが多いです。