ロボティクス|テクノロジー|株式会社エム・フィールド
テクノロジー

ロボティクス

RBAやRPAの技術を取り入れた業務の自動化・効率化をご提案します

こんなお悩みをお持ちの企業に最適です

  • プログラミングの知識はないけれど、機械操作を自動化したい。
  • コストを軽減しつつ、作業時間短縮と品質向上を叶えたい。
  • インフラ障害対応の重圧から解放されたい。
  • インフラ運用監視の負荷やコストを軽減したい。

ロボティクスの特長

ロボティクスとはロボットを導入して人間の作業量や人員そのものを削減する業務自動化の技術で、これまでは工場や倉庫といった現場で多く利用されてきました。しかし、近年はパソコンやサーバ上で働くソフトウェア型のロボットも登場し、活躍の場をオフィスへと広げつつあります。弊社では、RBAやRPA技術を活用したソフトの開発を通して、お客様の業務自動化をご支援します。

ロボティクスの特長のイメージ

インフラの運用をロボティクスで自動化し、運用担当者の負担を軽減

弊社はインフラの構築や設定作業、障害復旧の自動化を行うソリューション、RBO-Field(ロボフィールド)を開発しています。インフラは運用する前の設定や日々の運用業務、障害時の対応と復旧など、運用担当者は常に緊急性の高い課題を抱えている状況に陥りがちです。注意すべきポイントを分散させたまま業務をこなしていると、目の前の課題に対応している間に別の課題を見逃してしまうなど、重大なミスに繋がってしまう可能性もあります。単純な運用作業を自動化するだけでも、運用担当者はより優先度の高い課題に取り組む時間を確保できるようになります。

また、RBO-Fieldは簡単なGUI操作と処理のルールさえインプットすれば自動化ツールを作成可能で、プログラミングの知識は必要ありません。導入や利用のハードルが非常に低く、運用手順書を手元に置いて日々の業務をこなす時間を削減します。

AIの予測機能で、潜在的なインフラ障害の発生を防ぐ

RBO-Fieldは、AI技術に力を入れている弊社ならではの予兆検知機能も搭載しています。この機能を使うと、インフラに発生する障害をあらかじめ検知して未然に対策したり、早めに復旧の準備に取り掛かったりと、担当者の業務を圧迫する突発的なタスクを抑えることができます。RBO-Fieldの予兆検知では、あらかじめ設定した数値を超えたら障害を検知する閾値固定ではなく、過去の情報を元にしたAIの予測機能を使っているので、より精密な障害予測が可能です。

テクノロジーの詳細やお見積り依頼はお問い合わせください

活用例

AIによる障害発生予知を活用して、業務効率向上

インフラの運用化ツールにおいて、閾値固定の障害検知ではイレギュラーな事態に対応できないため、本格的な利用に不安に感じる運用担当者の方は多いのではないかと思います。しかし弊社のRBO-Fieldが障害検知で利用しているのは閾値固定ではなく、過去のデータからAIが障害発生のタイミングを予測する非常に高精度なもののため、導入後は心強い業務のパートナーとしてお使いいただけます。

ワークフローを作成して機器操作を自動化

弊社のRBO-Fieldは運用手順書に記載されている章立てや手順を記載していくことでワークフローを作成し、プログラミングの知識がなくても機器操作を自動化することができます。運用手順書に記載されているCLI・APIを実行するため、製品制約がなく、社内の様々な機器や環境でご利用できます。

支援実績

大手証券会社 ネットワーク運用の自動化ツール開発

FX(外国為替証拠金取引)システムの運用監視の自動化ツールを開発しました。為替が表示される電光掲示板を定期的にキャプチャし、文字を抽出することで、値の変動を自動で確認できるようになりました。

ロボティクスに関連するサービス