テレワーク|テクノロジー|株式会社エム・フィールド
テクノロジー

テレワーク

ニューノーマル時代の働き方に適したセキュリティやソリューションをご提案します

こんなお悩みをお持ちの企業に最適です

  • テレワークを導入してオフィスコストを削減したい。
  • 従業員の意識や会社の文化をテレワークにあわせて変えたい。
  • テレワークでもコミュニケーションを大切にしたい。
  • テレワーク中の社員の働き方をサポートしたい。
  • テレワークでも効果を発揮するセキュリティが欲しい。

テレワークの特長

エム・フィールドでは、テレワークに適したセキュリティ環境の構築やコミュニケーションツールの提案、AIを活用した働き方のサポートをしています。

対面を前提とした業務のあり方から、一人ひとりが個別に働くテレワークへと、日本の働き方は大幅に見直されつつあります。しかし、社内ツールやセキュリティ、制度などを見直さずにテレワークに移行すると、コミュニケーションロスや情報漏洩、社員の体調不良といった重大な事態にも繋がります。

従来の働き方をオンラインで完全に代替するのではなく、オンラインの欠点を補う施策を取り入れ、テレワークでも安心なセキュリティ環境を整えましょう。

テレワークの特長のイメージ

テレワークに必要なコミュニケーションツールの選定や導入をサポート

一人ひとりが個別に働くテレワーク環境にはメリットも多くある一方で、必然的に会話のハードルが高くなり、重要なコミュニケーションも必要以下まで削ぎ落されてしまうというデメリットもあります。労働生産性や成果を正しく向上させるには、社員の働く場所や時間がそれぞれ違っていても円滑にコミュニケーションが取れる手段を確保することが必須です。そこで弊社では、それぞれの企業にあったコミュニケーションツールの選定や導入をサポートしています。

まずテレワーク推進の第一歩として、コミュニケーション環境を整えたいというお客様には、ユニファイド・コミュニケーション(UC)の導入や、カスタマイズをお手伝いします。UCにはチャット機能だけではなく、音声通話、ビデオ会議など、コミュニケーションの重要度や利用シーンに合わせて選べる多くのツールが備わっているため、基本的な業務をオンラインで代替できます。また、これらのツールは同じサービス上に統合されているので、異なるアプリケーションをいちいち確認する必要がなく、情報を集約させられるというメリットもあります。

企業固有の課題についても、ヒアリングの段階で詳しくお伺いしますので、まずはお問い合わせからご相談ください。

テレワークでも安心のセキュリティ環境を構築

テレワークが定着すると、社員の自宅やカフェといった様々な場所に、重要な情報が詰まったデバイスが点在することになります。そこで弊社では、テレワークを推進されているお客様に対して、外部から攻撃されることを前提とした「ゼロトラストモデル」というコンセプトのセキュリティをおすすめしています。

マルウェア検知やふるまい検知によって社員に配布されているデバイスそのもののセキュリティを向上させるエンドポイントセキュリティ強化や、持ち主以外がデバイスにログインするのを防ぐ多要素認証を組み合わせることで、テレワークでも安心なセキュリティ環境を構築します。

AIを活用してテレワーク中の働き方をサポート

これまでは作業の自動化やコスト削減の面で注目を集めていたAIですが、テレワークが定着するにつれて、社員の働き方やコミュニケーション補助を目的にした活用方法も本格的に実用化され始めています。

例えば、企業が普段から使っているMicrosoft365やGoogle Workspaceといったツールから日常のコミュニケーションに関するデータを抽出して分析することで、社員それぞれの悩みや密かに抱えている課題をいち早く発見したり、社員間のコミュニケーションを促進できます。

弊社はAIの研究組織を持ち、技術情報のキャッチアップや活用方法の研究を日頃から行っているので、企業の悩みにあわせて柔軟にAI活用のご提案ができます。お客様の技術的なパートナーとして、社員が働きやすい環境づくりをお手伝いします。

テクノロジーの詳細やお見積り依頼はお問い合わせください

活用例

Microsoft TeamsとPBXを連携させてテレワーク推進

在宅勤務者や出張者とのコミュニケーションを取りにくいという悩みをお持ちのお客様に、Microsoft Teamsの導入提案と、実際に導入するまでの支援を行いました。Microsoft Teamsにはチャットや音声通話、ビデオ会議、フォルダ共有など、離れた場所からチームで働くためのツールが集約されているので、目的と用途にあった手軽なコミュニケーションができるようになりました。

Teamsと連携できるMicrosoft365の電話システムを活用し、代表電話番号にかかってくる電話や内線をテレワーク中の社員のスマートフォンに転送設定することで、オフィスに出社しなければならない電話番も不要に。多様な働き方に対応できるようになりました。

ウェブ会議サービスとAIを連携させ、会議を効率化

社内会議やお客様との商談の場がZoomやSkypeを使ったオンライン中心へと変化し、議事データもインターネットから手軽に入手できるようになりました。そこで生まれたのが、AIの自然言語処理を利用して議事データから自動で議事録を作成するサービスです。これらを導入することで、打ち合わせにかける時間をさらに削減し、より創造性の高い仕事に注力できるようになります。弊社では、こういったサービスの導入コンサルティングも行っています。

テレワークに関するよくある質問

Q.
Microsoft365(Office365)のライセンスは購入可能ですか?
A.

可能です。

Q.
他社から購入したライセンスの構築作業をお願いすることはできますか?
A.

可能です。

Q.
費用はどのくらい掛かりますか?
A.

費用については、別途営業担当がご案内します。

Q.
他社から導入したのですが、運用ポリシー等相談できますか?
A.

ヒアリングさせていただき検討致します。

テレワークに関連するサービス